Rosa Roxa(ホーザ・ホーシャ) バンドプロフィール

Rosa Roxa ホーザ・ホーシャ

弦楽器4人にパーカッションを加えた、日本では数少ないキンテート編成のショーログループ。
2000 年より活動を開始して以来、東京を拠点にコンスタントに演奏を行い続けている。グループ名はポルトガル語で「紫の薔薇」の意味。ショーロの本来のスタイルであるインストルメンタルに加え、歌曲も演奏している。メロディーと音色を大切にした明快なアンサンブルで、ブラジル音楽ファンのみならず広い層のリスナーから支持されている。

■メンバー
 
 中沼 浩 (bandolim)    >>プロフィール
 だいどうじ さかえ (cavaquinho)    >>プロフィール
 山本 のりこ (vo,gt)    >>プロフィール
 田嶌 道生 (gt)    >>プロフィール
 栗山 豊二 (per)    >>プロフィール
 
 


■ショーロ(choro) とは?
 
ブラジルに古くからある室内音楽。
 ヨーロッパからの移民と共に運び込まれたポルカやマズルカ、ワルツなどと、アフリカから持ち込まれたリズムが、19世紀末にリオ・デ・ジャネイロで融けあって生まれたと言われています。美しいハーモニーと快活なグルーブ感を持ち、後にポピュラーとなったサンバやボサノバにも影響を与えました。近年は日本でもその魅力が改めて注目されている。
 
 


■主な活動経歴
 
・2004年4月 :
 神戸ブラジル音楽フェスティバル出演
・2004年11月 :
 1stアルバム「Nosso Choro」発売。東京・大阪・名古屋の3都市でツアーを敢行。ラジオなどに出演
・2004年11月 :
 三鷹芸術文化センター「ショーロの祭典 –ヴィラ・ロボス没後45 周年イベント」出演
・2006年5月 :
 晴海トリトンスクエア テラスライブ「花の音楽祭」出演
・2007年6月 :
 アークヒルズ ランチタイム・コンサート出演
・2007年10月 :
 アルバム「saryo's collection vol.5 -ROSA ROXA Plays-」をリリース
・2007年11月 :
 TBS ラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」ゲスト出演
・2008年9月 :
 船橋市民文化創造館・きららホール「ちょっとよりみちライブ」出演
・2009年7月 :
 市川市文化会館「こんさーと 水の輪 in いちかわ」10周年記念コンサート出演
・2011年5月 :
 広島県民文化センター・ホール「ひろしま音楽鑑賞協会コンサート」出演
・2012年9月 :
 小平「秋の風にショーロが響く」コンサート出演
 
 

|

プロフィール : 中沼 浩(bandolim)

■中沼 浩
Hiroshi Nakanuma

バンドリン / Bandolim
ブラジル独自に改良、発達したフラットマンドリン。その形状デザインは、ポルトガルギターに似ている。


15才より5弦バンジョーをはじめる。上京後、電気系ブルーグラスバンド”HERES FOR THERES”を結成、メタリックなエレキバンジョーを演奏する。1990年頃よりブラジル音楽に傾倒。現在ブルーグラス、カントリーのフィールドでバンジョー、ペダルスチールギターを演奏する一方、バンドリンによるショーロの演奏に力を入れている。重量感とパワーにあふれ、かつ優れた和声感覚を兼ね備えたプレイには定評がある。

|

プロフィール : だいどうじ さかえ(cavaquinho)

■だいどうじ さかえ
Sakae Daidoji

カヴァキーニョ / Cavaquinho
大航海時代にポルトガルより世界中に広まった小型4弦。リズム、ハーモニー、メロディー全てを奏で、ショーロやサンバには欠かせない楽器。


1990年、サンバチームへの加入をきっかけに、翌年からカヴァキーニョを弾きはじめる。1998年からサンバ・ショーロの演奏活動を開始し、ブラジルを代表するカヴァキーニョ奏者、ルシアーナ・ハベーロに師事。美しい音色と独特なグルーブに定評があり、現在、都内ライブハウスやイベント等に出演する傍ら、講師活動も行っている。

Web Site
http://daidoji.at.webry.info/

|

プロフィール : 山本 のりこ(vocal,guitar)

■山本 のりこ
Noriko Yamamoto

ボーカル・6弦ギター / Voz e Violao Seis
ショーロは器楽音楽であるが、歌詞をつけた曲もありショーロ・カンサゥンと呼ばれる。主には叙情的な旋律だが、楽器の様に複雑で軽快なものもある。 歌詞はブラジルの公用語であるポルトガル語。


1985年よりアメリカン・フォーク、ラテンのヴォーカリストとして関西のライブハウスで歌いはじめる。1990年代初めよりブラジル音楽に傾倒しボサノヴァの歌唱法を得た後、ギター弾き語りのスタイルに転身。現在、都内ライブハウスやホール・イベントに出演、ストイックでいながら温かい声により独自の世界を表現している。

Web Site
http://www.noriko-yamamoto.com/

|

プロフィール : 田嶌 道生(guitar)

■田嶌 道生
Michiwo Tashima

6弦ギター / Violao Seis
日本でもお馴染みのクラシック(ガット)ギター。弦楽器王国ブラジルには、ギターにも7弦、10弦など様々なバリエーションがあり、わざわざこう呼ぶことが多い。


ブラジルミュージシャンとの共演は数多く、エヴァンドロ、ネルソン・サルジェント、デオ・ヒアン、他とのコンサートツアー及びレコーディング、テレビ、ラジオなどに出演している。ギターデュオ・グループ“ドゥーズ・コルデ”のメンバーとしても活動中で、CD『Douze Cordes』『ピシンギーニャに捧げる一輪の薔薇』を発表。また、オリジナル作品によるCD-ROMや、ギター教則本、ギターソロ曲集を発表するなど幅広い分野で活躍している。

Web Site
http://mamh.dtiblog.com/

|

プロフィール : 栗山 豊二(percussion)

■栗山 豊二
Toyoji Kuriyama

Rosa Roxaでの主な使用楽器

パンデイロ / Pandeiro
ブラジル式皮付きタンバリン。独自の奏法でサンバやショーロ特有のノリを出す。(上写真)

タンタン / Tantan
素手で叩く筒型の低音打楽器。スルド(マレットで叩く大太鼓)が大編成・野外向きであるのに対し、タンタンは小編成・室内向き。

上記の他、その日のレパートリーにより、アゴゴ、カスタネット、トライアングルなども登場することがあります。


1984年、和製サンババンド「オパ」に参加。翌年退団以降、ポップスのフィールドで、沢田知可子・鈴木重子・石野真子・クミコ・チェンミン・小堺一機ら、様々なアーティストたちをサポートする。また、1989年エヴァンドロの来日公演に参加したことをきっかけに、「ショーロ」やアコースティックなアンサンブルの素晴らしさを知る。

Web Site
http://home.s05.itscom.net/p-kuri/

|

その他のカテゴリー

Discography | Media | MembersOnly | Movies | News | Photos | Profiles | Schedule | Shopping